三国烈覇 攻略日記

17鯖改め15鯖のギルド会長の攻略日記。役に立つ情報もきっとある!!

【サンレツ】三国烈覇 攻略:無・微課金向けおすすめ武将&編成~蜀編~

以前「序盤のおすすめ編成」という記事を書きました。今回はその先、「☆5武将を入手して九州やギルド戦を頑張りたいけど、そんな何万も課金できない」という人向けな内容になります。具体的には時間をかければ少額または無課金で入手できる

①ルーレットや盛運ガチャなどで元宝を消費することで入手可能な武将

②七星商店で入手可能な武将

③双六イベントなどで2~3回交換アイテムをためることで入手できる武将

④酒場で入手できる武将

これらのおすすめ武将とその武将を使った編成を紹介していきます。

※イベントや七星商店で入手できる武将印は毎回異なります。あくまでラインナップに並びやすい武将や過去何度か並んだ実績がある武将を紹介しており、今後は同じように入手できないかもしれないことをあらかじめご了承ください。

 

★武将紹介★

 継承劉備

f:id:canon02:20210416140750j:plain

AS「SR桃園大徳」消費士気3。蜀の味方8体の物攻+38%。さらに、槍兵は3秒ごとにHPを回復(12秒持続)、騎兵は物攻+6%、弓兵は同時に2部隊を攻撃、劉備の物防+35%を得る。30秒持続。

PS「仁徳」3秒ごとにHP最低の味方を劉備のHPの3%に応じて回復する。蜀の味方1体につき治療効果+20%。最大は100%。

PS「雄獅」戦闘開始時、自身のHP上限+18%。

PS「鉄壁」戦闘開始時、兵力の16%を物防に転換

連携武将 :関羽趙雲孫尚香諸葛亮、糜婦人、徐庶

 ☞全ての兵種に追加効果が乗るASを持つとても汎用性の高い武将。その使い勝手の良さから多くの蜀部隊に採用でき、主に趙雲黄忠などの物理アタッカーとの相性が良いです。物攻の低い法術型の弓兵(諸葛亮龐統)にはASの効果が薄いですが、ASとPS「仁徳」で前線の槍兵のサポートをメインとして運用もできるため、あまり気にはなりません。最近はイベントでの入手機会は減りましたが、常時ショップで販売されているため入手もかなり楽な良い武将です。

 

継承諸葛亮 

f:id:canon02:20210416151911j:plain

AS「SR天雷召喚」消費士気3。物攻力最高の敵に法術ダメージを与え、残りの敵部隊にも35%の拡散ダメージを与える。目標が戦死した時、残りの敵に与える拡散ダメージの威力がアップする。

PS「臥龍諸葛亮のHPが高いほど法術ダメージがより高く、最高で法術ダメージ+70%。HP‐5%ごとに法術ダメージ‐6%。

PS「雷電遠距離射撃状態の時、一定確率で現在の目標に12倍の法術ダメージを与え、確率で気絶させる。

PS「反騎」騎兵からのダメージ‐24%。

連携武将 :劉備周瑜関羽黄月英馬謖徐庶

☞☆4諸葛亮を正当強化した☆5武将。PS「臥龍」のおかげで高威力なASを連射できるのが強み。反面、他の武将にまわす士気が残らないことも多いので、編成する武将はよく考えましょう。策攻をバフする武将も、消費士気が3だと多くの場合「バフ+諸葛亮」より「諸葛亮×2」のほうがダメージが出せるので、バフ役を採用する場合は士気0でバフができる小喬や攻撃と同時にバフができる鬼謀黄月英を採用しましょう。

 

継承黄忠

f:id:canon02:20210416153153j:plain

AS「SR百歩穿楊」消費士気2。最も遠い敵に矢を3本発射し物理ダメージを与え、0.5秒気絶させる。ダメージは自身の物攻と目標との距離に応じてアップ。(遠いほど威力が大きい)

PS「穿楊」射程+35%、会心ダメージ+30%。貫通は兵種相性を無視し、必ず発動する。目標が遠いほど会心率が高く、最大60%。

PS「天命」自身の会心ダメージ+70%。

PS「勇武」戦闘開始時、16%の武力を物攻に転換。

連携武将 :張飛龐統馬超劉備関興、関鳳
☞消費士気が2と低く、連射もできる優秀なアタッカー。PSに会心系のスキルがあるため、装備や戦魂は会心を意識したものがよさそうです。自身に癖が無いためどんな部隊にも入れられますが、ASが距離によって威力が変わるというものということで、それを補助できる鬼謀諸葛亮や☆4太史慈(継承太史慈)などと一緒に採用するのがおすすめです。継承太史慈だと混成になるので、混成部隊をサポートできる継承袁術を採用するのも面白そうです。

 

継承厳顔

f:id:canon02:20210416154114j:plain

AS「SR追跡爆矢」消費士気3。最も近い敵と最も遠い敵に2回物理ダメージを与える。この2体の距離が遠いほど2回目のダメージが高くなる。

PS「飛虹」貫通は兵種相性を無視する。遠距離射撃時は一定確率で貫通が発動する。

PS「会心自身の会心率+40%&会心ダメージ+30%。

PS「天命」自身の会心ダメージ+70%

連携武将 :張飛趙雲華佗姜維黄忠龐統関興

☞継承黄忠と同じく会心系のスキルを複数持つ会心アタッカー。同じように装備や戦魂は会心を活かせるものが良いでしょう。継承黄忠と違ってASは連射ができないかわりに2体対象になっています。距離を参照するところは同じなので、相性の良い武将も継承黄忠と同じです。両者を比較した場合、連射がきかない&消費士気が1多いということで、ピン採用だと継承黄忠に軍配が上がりますが、蜀弓や混合編成で黄忠と同時に採用する機会も多く、まだまだ活躍できる武将です。

 

固守姜維

f:id:canon02:20210416155748j:plain

AS「SR一心不乱」消費士気3。姜維の物防+35%、策防+35%。蜀の弓兵部隊を強化、武力が高いと物攻+45%、知力が高いと策攻+45%。25秒持続。

PS「士気」味方の蜀部隊1体につき自身の物防+12%、策防+10%。最大60%。

PS「合衆」味方8体が受ける物理スキルダメージ‐15%。

PS「固守」自身の兵力の10%を物防に転換し、自身が移動しない場合、2秒ごとに物防+3%。10回までスタック可能。

連携武将 :劉備趙雲諸葛亮黄月英、厳顔、鍾会、鄧艾

☞弓兵のアタッカーが2体以上いる編成で、諸葛亮黄月英(法術&法術)、諸葛亮黄忠(法術&物理)、黄忠&厳顔(物理&物理)のどのケースもカバーできるバフ役。物理弓のみなら固守張星彩という対抗もいますが…。バフ先が蜀の弓兵であることと蜀の味方の数だけ自身の耐久が上がることから編成は蜀で統一し、弓兵も3体以上採用すると良いでしょう。形としては槍2弓3か槍1弓4で法術まじりの編成が最適な武将です。逆に騎馬のアタッカーを採用したり、アタッカーは弓兵でも前列に槍兵を多く並べる編成の場合は、他のバフ役の武将の方が良いと思います。

 

継承関索

f:id:canon02:20210416160714j:plain

AS「SR武神憑依」消費士気2。関索の物攻力+45%、策防+45%。20秒持続。

PS「仁侠」蜀の友軍が突撃した時、自分も同じ目標に突撃し、30倍の物理ダメージを与える。CD6秒。

PS「関氏」自身の戦術ダメージ+20%。通常攻撃は一定確率で迎撃を発動する。この迎撃は兵種相性を無視し、全ての兵種に有効。

PS「勇武」自身の武力の16%を物攻に転換。

連携武将 鮑三娘関羽趙雲姜維賈詡関興

突撃のお供。関平や騎馬趙雲馬超と組んで敵陣に突撃します。自身は士気を消費しないことから、士気管理にとてもやさしい武将です。突撃入りの物理編成なら、入れとけば仕事をしてくれる、そんな武将です。バフ役は突撃武将の兵種次第ですが羽関鳳や習巧黄月華が良さそうです。

 

鬼謀諸葛亮

f:id:canon02:20210416161438j:plain
AS「SR酔東風」消費士気2。最も近い敵と最も物攻力の高い敵の治療効果‐40%&法術ダメージを与え続ける。治療効果は10秒、法術ダメージは2秒持続。ダメージ中、騎兵と槍兵は諸葛亮から遠ざけて弓兵は引き寄せる。移動終了後、目標を気絶させる。

PS「八卦戦闘開始時、味方全員が蜀の場合、八卦陣を発動させる。味方の総HPが30%以下になった時、八卦陣は雷霆に変化する。

八卦陣・・八卦陣に出入りする敵に8倍の法術ダメージを与える。

雷霆・・・HP最低の敵に8回法術ダメージを与える。

PS「雄弁」戦闘開始時、自身より知力の低い敵1体につき、自身の策攻+5%。呉の敵の場合はさらに+2%。最大35%。戦闘終了まで持続。

PS「鬼謀」自身の法術ダメージ+10%。10秒ごとに自身の法術ダメージ+3%。最大34%。

連携武将 :于吉、周瑜関羽黄月英劉備徐庶

☞PS「伏龍」による高火力が無くなった代わりに、回復阻害や敵を移動させる効果が付いた諸葛亮。PS「八卦」によって三軍も含めて蜀で統一しなくてはいけなくなったのはマイナス点ですが、他の武将のASが使いやすくなったので一長一短といったところです。多くの場合、鬼謀黄月英+バフ役での編成となり枠が1~2個余るので、そこに何を入れるかで編成が結構変わってきます。例えば、継承黄忠厳顔+固守姜維なら弓に寄せた編成になりますし、継承馬超関索+継承劉備なら突撃をまぜた編成になります。鬼謀龐統+固守関羽で法術を伸ばすのもありです。好みの編成を作りましょう。

 

鬼謀黄月英

f:id:canon02:20210416162937j:plain

AS「SR雲水雅韻」消費士気3。自身の基礎策攻の40%で味方蜀国弓兵5体を強化し、最も近い蜀弓兵に号令し、物攻最高の敵に法術ダメージを与える。目標の敵の物攻‐20%。

PS「奇才」自身の会心率と通攻吸血+40%。自身の基礎策攻の70%で最も近い蜀の友軍を強化する。目標がASを発動するとこの強化効果は消滅する。

PS「謀攻」自身の通攻ダメージ+15%。9秒ごとに自身の通攻ダメージ+4%。最大通攻ダメージ+55%。

PS「奇遁」自身の会心ダメージ+56%。9秒ごとに自身の会心ダメージ+14%。最高で会心ダメージ+196%。

連携武将 :諸葛亮趙雲鮑三娘、糜婦人、于吉、徐庶

☞策攻バフに法術攻撃、会心攻撃と幅広い役割を持つ武将。攻撃とバフを同時に行えるため消費士気3でも無理なく継承諸葛亮に採用できる。もちろん鬼謀諸葛亮とも相性が良く、諸葛亮のCDを埋めてくれる。唯一の難点は策攻UP&会心補助と鬼謀黄月英と最も相性の良さそうな装備「魔神」が+15まで強化しないとジャンプ効果が付かないことだろうか…集めるのに少々骨が折れる装備なので、集まるまでは用途に応じて「龍吟」などで代用しましょう。

 

固守馬雲禄

f:id:canon02:20210416164028j:plain

AS「SR皎鵾垂翼」消費士気3。味方の蜀武将8体の策防と物防+40%、20秒持続。味方物攻の最高の武将の物攻+35%、策攻最高の武将の策攻+35%、20秒持続。

PS「鳳臆」戦闘開始時、自身に最も近い武将と最も遠い武将を守り、一方的に40%のダメージを分担する。味方武将のスキル発動時、自身の周りのHP最低の敵2体を確率で撃退する。撃退する敵がいない場合、範囲内5体の味方の物防と策防+22%。15秒持続。3回までスタック可能。

PS「蜀将」味方蜀武将8体の通常攻撃ダメージ+15%。

PS「洞察」味方8体が受ける法術ダメージ‐15%。

連携武将 :馬超黄月英鮑三娘劉備龐統、関鳳

☞自身に最も近い武将と最も遠い武将のダメージを分担、策攻物攻最高の味方をそれぞれバフするスキルを持つことから、法術アタッカーと突撃系の物理アタッカーを採用している編成で採用される武将。弓の物理アタッカーでも配置を工夫すれば対象にできそうですが、分担させる必要も薄そうですし、素直に固守姜維や他の武将に譲った方がよいでしょう。上の武将たちに比べると、多少入手しにくいかもしれませんが、騎馬と法術で組む時のバフ役ということで紹介しました。

 

★編成例★

①鬼謀諸葛亮中心の法術部隊

鬼謀諸葛亮、鬼謀黄月英、固守姜維、継承劉備、継承黄忠

鬼謀諸葛亮はPSの関係上蜀で統一する必要はありますが、実は結構自由度が高い編成です。絶対必要と言える武将は鬼謀諸葛亮と鬼謀黄月英くらいで、継承黄忠の枠に採用する武将によってバフ役兼タンク役の最適武将は変わります。この形ではアタッカーが法術弓兵の鬼謀諸葛亮と物理弓兵の継承黄忠なので両方を強化できる固守姜維と目標増加で会心攻撃の補助ができる継承劉備を採用しました。

 

②蜀物攻

継承劉備、継承馬超、継承関索、継承黄忠、継承厳顔

物理に寄せた蜀部隊。槍、弓、騎馬と全ての兵種を採用しているため、バフ役の武将はすべての兵種に追加のバフ効果のある継承劉備です。ASでのアタッカーが3体と多く、全員がASを使用することは難しいと思うので、継承黄忠と継承厳顔はPSを活かした会心アタッカーとして運用すると良いでしょう。継承関索のPSのトリガーを引くための突撃持ちには比較的入手しやすい継承馬超を採用しましたが、持っているなら突撃回数の多い疾風or狂瀾趙雲や狂瀾馬超がおすすめです。

 

③継承諸葛亮中心の法術部隊

継承諸葛亮、鬼謀黄月英、継承劉備、固守祝融小喬(継承小喬

継承諸葛亮は威力の高いASを連射できるので、その強みを活かすため他の武将は士気を極力使わないで諸葛亮をサポートする編成を目指します。鬼謀黄月英はPSでのバフの他、ASで攻撃と諸葛亮の強化を同時に行えるため、ダメージソースを継承諸葛亮に頼りがちなこの編成では、サブアタッカーの役割も担えて優秀です。前衛のタンク役は継承諸葛亮の火力の高さの理由であるPS「臥龍」の補助のため、PSに回復効果もつ継承劉備と分担と盾付与ができる固守祝融を採用しました。また、鬼謀諸葛亮と違い蜀で統一する必要はないので、消費士気0で策攻バフができる小喬が採用できるのもこの編成の強みです。

※固守祝融は酒場産の武将なので入手しやすい点もGood!

 

久しぶりの更新になり、待っていてくれた人がいましたら申し訳ありませんでした。

この記事のために蜀のサブアカウントをいじりながら編成を考えていたのですが、武将に合わせたバフ・タンク役を採用する、というより編成全体にあわせてバフ役・タンク役を決めるという感覚になりました。普段は、メイン武将を決める⇒最適と思うバフ役を決める⇒それらに合うように周りを固める、というように編成を決めていたので少し戸惑いました(^▽^;)それではまた次回(@^^)/~~~

 

【サンレツ】三国烈覇 攻略:3部隊編成のすゝめ(群雄)

最近九州用の部隊に悩んでいるので整理もかねて・・・自分なりの九州用の部隊の組み方を書きます。

まず初めに、九州争覇の3部隊戦において最も強い編成の仕方は「1つの強い編成を3セット用意する」ことだと思います。群召喚3セットとか天命編成3セットとかですね。これは軍工房や装備や従者が使いまわせるうえ、絵巻を解放すると同名武将すべてが強化されるためです。ただ、当然ですが同じ編成を組む場合は同じ武将印が複数必要になり、新武将やショップ産武将がそれだけ必要になるのでお財布に優しくありません。(なによりいろんな編成使いたいですしw)

そこで私は次のように部隊を編成するよう努めています。

①メインの部隊を組む

②メインの部隊の従者を中心に2部隊目を組む

③メインと第2部隊の従者を中心に3部隊目を組む

※絵巻がある武将が多いとなお良い。

例を挙げるとメイン部隊に継承呂布、その知力従者に天命貂蝉を使っている場合、第2部隊は天命貂蝉を使った部隊にするといった感じです。それでは1つメイン部隊を想定して部隊を組んでみましょう。

 

群雄絵巻一覧

群雄伝承・・継承呂布、継承貂蝉、継承顔良、継承文醜、継承厳白虎

逆天乱命・・天命呂布、天命貂蝉、固守董卓、乗月董白、継承賈詡

裏の計略・・鬼謀張角、狂瀾祝融、霊思何皇后、鬼謀蔡文姫、継承張繍

道人威勢・・固守孟獲、継承華佗、継承張角、継承左慈、継承于吉

不幸な運命・耀武華雄、狂瀾馬岱、霊雎呂姫、疾風馬超、上将潘鳳

※「不幸な運命」は2月から実装された絵巻。耀武華雄が現状2月ショップ限定の武将のため難度は高いですが、下の部隊紹介の疾風呂姫や疾風馬岱を霊雎呂姫と狂瀾馬岱に替えるとより強くなります。

 

☆群天命(メイン部隊)

 武将    先鋒    軍師    副将   侍女

天命呂布  疾風呂姫  継承賈詡  継承曹操  貂蝉

天命貂蝉  乗月董白  継承于吉  継承董卓  呂姫

固守董卓  継承呂布  継承張角  継承劉備  貂蝉

鬼謀張角  鬼神呂布  継承左慈  ☆5董卓   霊思何皇后

継承華佗 ※狂瀾祝融  継承賈詡  継承厳白虎 蔡文姫

(※は非連携武将)

☞可能な限り絵巻に寄せた天命部隊。狂瀾祝融は連携従者ではありませんが、狂瀾祝融は継承華佗の連携武将ではありませんが、華佗は詠唱の武将で物攻はそれほど重要ではないので、連携武将になりにくいが今後の部隊で使いたい祝融をここで使っておきます。もちろん育成具合や他部隊によっては継承張繍や継承文醜など他の絵巻に対応している勇将武将でも可。☆5劉備や☆5曹操は絵巻を集めるのは大変ですが、連携武将としてけっこう群雄部隊を組むと候補に挙がってくるので、絵巻でのごり押しをしないのならそれぞれ1体ずつ手に入れておくことをおすすめします。また、継承賈詡、☆5董卓は群雄部隊を組むと複数欲しいことが多いです。賈詡は2体、董卓は3体あると部隊が組みやすくなります。(呂布中心の部隊に限る)

2部隊目:群騎馬

 武将    先鋒    軍師    副将   侍女

継承呂布  疾風呂姫  継承賈詡  固守董卓  貂蝉  

狂瀾祝融  疾風馬岱  ☆5諸葛亮  継承厳白虎 孫尚香

乗月董白  継承張遼  天命貂蝉  天命呂布  蔡文姫

継承袁紹  継承文醜  継承賈詡  継承劉備  卞夫人

継承董卓  鬼神呂布  鬼謀張角  継承曹操  貂蝉

2部隊目は疾風張遼抜き群騎馬。絵巻を優先したため張遼の代わりに董白を採用しました。使用感は群騎馬と呂布カタパルトの中間といった感じです。新規の武将は疾風馬岱、継承張遼、☆5諸葛亮の3体。継承張遼は継承呂布の従者にもなれる他、部隊次第ではメイン部隊にも入れられる武将、☆5諸葛亮孟獲の従者になれるので必要かつ手が届くなら入手しておくと良いでしょう。疾風馬岱は群雄の武将ですがメインで採用し辛く、従者としても疾風馬超、狂瀾祝融ピンポイントなので絵巻の勇将武将で代用しても良さそうです。

3部隊目:群槍法

 武将    先鋒    軍師    副将   侍女

固守孟獲  狂瀾祝融  ☆5諸葛亮   継承趙雲  鮑三娘

継承文醜  継承呂布  継承賈詡  継承厳白虎 甄姫

継承顔良  鬼神呂布 ※天命貂蝉  継承袁紹  なんでも

継承于吉 ※疾風呂姫  継承華佗  天命呂布  貂蝉

霊思何皇后 乗月董白  鬼謀張角  固守董卓  貂蝉

残った絵巻の武将で編成した部隊。一応固守孟獲の公式おすすめ部隊だったハズ(^^;孟獲は物理槍兵2体と法術弓兵2体を強化するので複数のアタッカーを編成しましょう。今回は物理2体をアタッカーにしましたが、継承張角や鬼謀張角、鬼謀于吉を採用しても良いでしょう。新たな武将は継承趙雲のみ!入手も楽で継承呂布の従者候補ですが、絵巻武将で代用しても大丈夫です。

 

絵巻に必要な武将と継承趙雲、疾風馬岱、継承張遼以外は1部隊のみの採用がないように組んでみました。このように必要な武将印の数を絞ることで時間やお金のリソースを集中できます。うまくやりくりしながら部隊を作っていきましょう(^▽^)/

 

その他の編成例

上の編成は可能な限り群雄中心かつショップ産の新武将なしで組んだので、編成や従者に他勢力を必要とする武将を中心とする編成や最新武将を使った編成は弾きました。蜀を要求してくる固守孟獲は入ってしまいましたが・・(^^;

ここではそんな武将を中心の編成を紹介します。主な武将は「鬼謀蔡文姫」「継承袁術」「上将潘鳳」「図南董卓」「鬼謀于吉」です。従者など手持ちの武将は上のメイン編成をベースに考えます(継承賈詡は2体、☆5董卓は合計3体、他は各1体で絵巻優先)。必要武将は上の編成より多少増えると思いますが、持っている人は組んでみてはいかがでしょうか。

 

孫堅型群召喚

 武将    先鋒    軍師    副将   侍女

天命呂布  疾風呂姫  継承賈詡  固守董卓  貂蝉

天命貂蝉  乗月董白  継承于吉  継承董卓  呂姫

鬼謀張角  継承呂布  継承左慈  ☆5董卓   霊思何皇后

鬼謀蔡文姫 疾風典韋  継承貂蝉  継承曹操  甄姫

図南孫堅  疾風孫策  継承呉夫人 継承劉備  孫尚香

群召喚のなかではおそらくもっとも攻撃的な編成。孫堅は士気3で合計9体の召喚兵を敵に射出し自爆させます。召喚兵はなぜか鬼謀蔡文姫の「群雄の味方」の判定に含まれるので自爆するたびにPS「帰魂」で敵全体にダメージが飛びます(^^;天命貂蝉や鬼謀張角の高威力法術で龍吟圏内にいれて、蔡文姫でとどめを刺すのがこの部隊の戦い方です。蔡文姫は魏、孫堅は呉の武将を連携に要求されますが、蔡文姫は最も重要な軍師には貂蝉を、孫堅は自身と同じ絵巻の疾風孫策と継承呉夫人を採用できるので混成部隊の中では組みやすいです。

孫堅型群召喚(鬼謀于吉ver)

 武将    先鋒    軍師    副将   侍女

天命呂布  疾風呂姫  継承賈詡  固守董卓  貂蝉

天命貂蝉  乗月董白  継承于吉  継承董卓  呂姫

鬼謀于吉  継承呂布  鬼謀張角  固守孟獲  蔡文姫

鬼謀蔡文姫 疾風典韋  継承貂蝉  継承曹操  甄姫

図南孫堅  疾風孫策  継承呉夫人 継承劉備  孫尚香

鬼謀張角より瞬間火力は落ちますが、張角と違い、鬼謀于吉はダメージの他に回復効果があるので耐久面が向上します。条件に多少の噛み合わなさはありますが召喚効果もあるので、孫堅が落とされた後も召喚兵を供給できます。ただ、鬼謀張角のPS『反計』も鬼謀郭嘉の対策になるなど有用なので、どちらを編成するかは好みでしょう。

董卓型群召喚

 武将    先鋒    軍師    副将   侍女

天命呂布  疾風呂姫  継承賈詡  固守董卓  貂蝉

天命貂蝉  乗月董白  継承于吉  継承董卓  呂姫

鬼謀張角  鬼神呂布  継承左慈  ☆5董卓   霊思何皇后

鬼謀蔡文姫 疾風典韋  継承貂蝉  継承曹操  甄姫

図南董卓  継承呂布  継承張角  固守孟獲  貂蝉

召喚物の数が孫堅型に比べて少なく、爆発力は劣りますが図南董卓には防御バフや回復効果があるため呂布が硬くなります。群天命と群召喚の間のような印象。

袁術型群召喚

 武将    先鋒    軍師    副将   侍女

継承袁術  継承孫策  ☆5于吉    天命呂布  なんでも

継承文醜  継承呂布  継承賈詡  固守顔良  甄姫

継承于吉  鬼神呂布  継承華佗  継承厳白虎 貂蝉

鬼謀蔡文姫 疾風典韋  天命貂蝉  継承曹操  郭皇后

図南孫堅  疾風孫策  継承呉夫人 継承劉備  孫尚香

袁術型の群召喚。三軍の所属を変える必要があったり天命型に比べて前衛に不安が残ったりしますが一応形にはなります。ただ九州用というよりは四海用の編成かもしれません…

☆潘鳳ハーレム部隊

 武将    先鋒    軍師    副将   侍女

上将潘鳳  継承文醜 ※天命貂蝉  天命呂布  なんでも

呂姫  継承呂布  継承于吉  固守董卓  蔡文姫

継承大喬  乗月董白  継承周瑜  固守孫桓  小喬

鬼謀孫大虎 継承太史慈 疾風陸遜  固守孫桓  ☆5歩練師

龍雀孫尚香 継承孫策  疾風陸遜  継承劉備  呉夫人

ここまでくると連携武将かつ絵巻を揃えるのが相当難しくなりますね・・・継承孫策や疾風陸遜など入手しやすい連携武将を使うか、連携武将ではないが高レベルの絵巻を解放した武将を使うか、武将の育成度合いを見て決めていきましょう。戦い方としては、呂姫と孫尚香のPSと大虎の会心殴りを潘鳳と大喬がサポートする形になります。

 

今回はここまで。絵巻は13までレベルを上げると連携武将以上の数値がでるようになるみたいなので、上の編成も黒字の部分は絵巻の武将で代用してもよさそうです。もちろん、ベストは絵巻武将かつ連携武将なので、できるだけ絵巻+連携の武将を揃えましょう。

とはいえベストで揃えようとすると予算がいくらあっても足りないので、自分の手持ちやお財布と相談しつつ、自分なりの3部隊編成を組んでいきましょう(*^^)v

【サンレツ】三国烈覇 攻略:四海における個人的おすすめ武将(群雄)

今回は個人的な群雄の四海における武将のおすすめ具合を書いていこうと思います。四海は兵装や従者、魂使が必要ないので転生さえさせれば戦力になります。さらに、毎回同じかは不明ですがゲスト武将が設定されています。また、同じ武将を所持している場合片方は使えないことになるので注意が必要です。評価のポイントは主に

①四海での強さや汎用性の有無

②四海以外での使い勝手の良さや入手難易度

で☆1~☆4で評価します。「欲しいのないから四海用に何か取ろうかなー」と考えている方の参考になれば(^^;

※私は群雄の全武将を持っているわけではないので、一部カタログスペックからの予想になります。

f:id:canon02:20210110235710j:plain

画像は練武場の拒否モード。他のプレイヤーを誘って試運転もできるのでいろいろ試してみましょう!

※1月10日現在、練武場で三軍のアイテムを消費してしまう不具合が解消されていないようなので、三軍の勢力や性別はかえないよう注意してください。

 

評価

★★★★(持っておくべき!)

継承呂布、固守董卓、継承華佗、継承于吉、狂瀾祝融、鬼謀張角、天命呂布、天命貂蝉、鬼神呂布、固守顔良

★★★☆(持っていた方が良い)

継承董卓、霊思何皇后、継承厳白虎、継承貂蝉、乗月董白、鬼謀蔡文姫、図南董卓、鬼謀于吉、継承袁紹、霊雎呂姫、

★★☆☆(局所的には使える)

疾風馬超、疾風張遼、継承顔良、疾風馬岱、疾風張郃、継承文醜、狂瀾馬岱、上将潘鳳、継承袁術、固守孟獲、継承賈詡

★☆☆☆(わざわざ取るほどではない)

 継承張繍、継承張角、継承蔡文姫、継承左慈、疾風呂姫

他勢力武将(群雄部隊にも組み込める武将)

継承張遼、図南孫堅、継承大喬、継承小喬、鬼謀華佗

星4武将(星4でも役立つ武将。他勢力含む)

呂布董卓、于吉、華佗貂蝉大喬小喬

 

個別評価

★★★★評価

継承呂布(★★★★)

入手しやすさ・・★★★☆

汎用性・・・・・★★★★

四海以外・・・・★★★★

☞バフ役さえいればアタッカーとして働けるので他の武将の自由度が高い。☆4の大喬貂蝉、于吉、華佗や究極的には資質12の張郃凌統などとも組めるので部隊編成はとても楽です。九州でもアタッカーになれますし、群雄部隊の従者としても優秀で四海以外でも十分使えます。天命呂布実装に伴って割引販売やイベントの報酬になるようになったので入手機会もそこそこです。

固守董卓(★★★★)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★★★

四海以外・・・・★★★★

☞物理法術どちらにもバフをかけられるうえ、味方のダメージの分担もしてくれるので汎用性はバッチリ!主に呂布ワントップの部隊や天命部隊で採用されます。継承厳白虎のかわりに群槍法に差すのも良さそうです。名称が董卓なので従者としての適性も高く、使われない場面がほぼない武将です。入手方法が今のところ割引販売があるとはいえ課金のみでイベントの報酬にはなっていないため入手難度は少々高め。前回のゲスト武将。

※1月10日現在、双六商店に登場しましたが、高いので入手難易度としては変わらず・・・

継承華佗(★★★★)

入手しやすさ・・★★★☆

汎用性・・・・・★★★★

四海以外・・・・★★★☆

☞回復役兼バフ役。四海の仕様で武将のステータスが高いので回復量が多く、主に物理メインの部隊で使いやすい武将です。群天命で採用できる他、継承呂布とも好相性。四海以外では継承呂布が若干逆風なのと詠唱ゆえに魏法によく採用される鬼謀賈詡に弱い、従者としても最適解になることが少ないので☆3つ。

継承于吉(★★★★)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★★★

四海以外・・・・★★★★

☞巫蟲で召喚した召喚兵に高火力で攻撃することで物攻の高い敵を落とすことができるので物理型の継承夏侯惇や継承呂布、疾風典韋の対策になります。高火力要員として継承呂布、継承文醜、天命呂布などと組ませるといいでしょう。従者としても賈詡貂蝉ほど適性はありませんが優秀な知力従者の1体です。前回のゲスト武将なので四海のためだけに入手する際は注意!

狂瀾祝融(★★★★)

入手しやすさ・・★☆☆☆

汎用性・・・・・★★★★

四海以外・・・・★★★☆

☞デバフとスリップダメージ、進軍速度低下を撒ける武将。疾風張遼などで突撃後敵が集まったところに撃つのが効果的。乗月董白だと物攻最高に調整する必要が出てくるので注意しましょう。四海以外では群騎馬に適性がある他、継承や鬼神呂布にも入れられるとは思いますが、シナジーが薄いのと従者としては使いにくいので☆3つ。こちらも前回のゲスト武将なので取る際は注意しましょう。

鬼謀張角(★★★★)

入手しやすさ・・★☆☆☆

汎用性・・・・・★★★★

四海以外・・・・★★★★

☞まだ新しい武将なので入手機会が少なめ。直近の万事屋では最高価格でした。四海では三軍の勢力や兵種をアイテムなしで自由に決められるため、張角と相性の良い妖術兵を部隊に組み込めるのが高評価。アクティブスキルの火力も高く消費士気も少ないので群天命や群召喚、群槍法など幅広く編成に組み込めます。四海以外でも同じように一線級の武将であり、従者として見ても董卓の知力従者になれるので無駄になりにくいです。

天命呂布(★★★★)

入手しやすさ・・★☆☆☆

汎用性・・・・・★★★☆

四海以外・・・・★★★★

☞取れるのなら四海用というか普段用に取っておきたい武将。パッシブスキル「突進」は威力をためることができるので物攻バフが無くても物理ダメージを叩き出せます。ゲスト武将の固守董卓、継承于吉とも相性が良く、天命コンビを持っていれば天命部隊を組めそうなのも良い点です。正月七星商店、BOXガチャを除けば定価課金のみでの入手なので入手難易度は高め。

天命貂蝉(★★★★)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★★★

四海以外・・・・★★★★

☞天命編成の法術アタッカー。策攻型を合計3体編成に入れる必要がありますが火力が高く、天命呂布なしでも最低限アタッカーとして機能します。前衛1~2、後衛3~4と法術主体で物理少な目の編成になりやすいためゲストの固守董卓と相性も良く部隊を組みやすいのも高評価です。ただ従者としては貂蝉は侍女にまわすことが多く、知力従者に使うことは少ないので従者採用で戦力を盛るという目的には適さないので注意。

鬼神呂布(★★★★)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★★★

四海以外・・・・★★★★

☞2度ほどログボで貰えたので持ってる人も多いかも?アクティブに突進に切り払い、パッシブに会心系やアクティブ補助のスキルを持つため割と単体で完結している武将です。脇を攻撃強化の大喬や乗月董白、分担の固守董卓や固守顔良、回復の霊思何皇后や継承華佗で固めた編成をそこそこ見ます。ゲスト部隊である程度形になるので、武将がたりていなかったりメインが他勢力の人の強い味方。四海以外でもメインに据えられる武将かつ従者としても優秀なので☆4つです。

固守顔良(★★★★)

入手しやすさ・・★★★★

汎用性・・・・・★★★★

四海以外・・・・★★★☆

☞物攻最高の味方のバフとダメージ分担ができる武将。物理型のアタッカーなら兵種問わず補助できるので汎用性は高いです。ダメージ分担できる武将は少ないので5部隊編成の四海では貴重。従者としては微妙なところですが、四海以外でもメインとして使いやすい武将で、酒場で入手できるので1体は持っておくと良いでしょう。

 

★★★☆評価

継承董卓(★★★☆)

入手しやすさ・・★★★☆

汎用性・・・・・★★★☆

四海以外・・・・★★☆☆

☞消費士気1で群雄の武将をバフ、パッシブで盾付与と使い勝手のいい武将。四君主武将の1体なのでイベントや七星商店での入手機会もそこそこあり手に入れやすいです。一方群騎馬ぐらいしか最適解となる編成が無く、法術まじりだと固守董卓や図南董卓に軍配が上がります。四海では群騎馬の他、消費士気の低さを利用して継承呂布や鬼神呂布の部隊で他のバフと組み合わせて使うと良さそうです。

霊思何皇后(★★★☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★★☆

四海以外・・・・★★★☆

☞鬼神呂布と同じくログボで入手できたので持ってる人は多いかも?回復量は華佗に劣るがHP最低と最遠の2体を回復できて、開始時に直近の味方の物攻or策攻をバフできるのでこちらの方が良いという場面はありそうです。活躍できそうなのは主に敵陣に突進する鬼神呂布や乗月董白入りの継承呂布部隊。従者適正は智将である点もあり鬼謀張角の侍女以外はほぼありません。

継承厳白虎(★★★☆)

入手しやすさ・・★★★☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★★★☆

☞槍と弓のバフができる武将。他の弓兵の策攻をバフできる天命呂布、固守董卓と違い自身も槍兵なので槍弓の法術部隊で使いやすい。天命呂布を買っていない場合や無課金微課金で天命貂蝉を使う際には必要になりそうな武将です。群雄槍兵は部隊として騎兵に環境的に一歩劣り、自身のスキルも兵種の縛りもあるので汎用性としては微妙ですが、継承呂布の絵巻で継承厳白虎、継承顔良、継承文醜が要求されますし、比較的イベントで入手しやすいので手に入れておくと色々と便利でしょう。従者としても仙人系の兵力従者になれるので意外と活躍の場があります。

継承貂蝉(★★★☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★★☆

四海以外・・・・★★☆☆

☞☆4時代からの物攻最高の敵のデバフと味方のバフに加えて☆5になったことで護盾と策防バフがついてサポート力が上がっています。物理ワントップ系の編成ならいろいろな編成に入れられそうです。主な相方は継承呂布。鬼神呂布や継承文醜が次点でしょうか…消費士気は3と若干重めなので、継承于吉や大喬などアクティブスキルの消費士気が少ない武将やそもそも使わない武将と組み合わせたいところです。

乗月董白(★★★☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★★★☆

☞物攻最高の味方を敵に突撃させます。自身が勇将型で絵巻のバフもうけるため一律した強化を受ける四海では自分が物攻最高になりやすいという点がネック。継承呂布など董白より物攻が高いアタッカーを用意できてやっと使えるようになります。四海以外では物攻最高の調整がしやすいので四海よりは使いやすいです。味方がスキルを使うとパッシブ「我侭」でバフができるので、消費士気が少ない継承董卓大喬などと組み合わせるとよさそう。

鬼謀蔡文姫(★★★☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★★★☆

☞群雄の味方や召喚物が死ぬと敵全体に法術ダメージを飛ばします。また、召喚物に応じて味方武将の策攻をバフすることができます。図南董卓や図南孫堅、継承左慈などと組む群召喚が有名で、単体ではそんなに破壊力のある武将ではないのですが、複数の召喚兵を生み出す武将と組み合わせることで距離に関係なく敵全体にダメージを与えられるようになり強力です。四海では☆4于吉、左慈でも形になりそうなので天命貂蝉や鬼謀張角といった法術アタッカーを持っている人にはオススメです。

図南董卓(★★★☆)

入手しやすさ・・★☆☆☆

汎用性・・・・・★★★☆

四海以外・・・・★★★☆

☞比較的最近実装された武将なので入手難度が高いですが、群召喚の適性が高いのとバフ先の条件が緩いので汎用性は高そうです。ただ群騎馬なら継承董卓、法術まじりやワントップに雑に採用するなら固守董卓でも良い気がします。董卓名称なので無駄にはなりにくいですが、絶対取っておくべきか?と言われると購入価格も相まって難しいと感じたのでこの評価です。今後の武将や編成で評価が上がりそうな武将です。

継承袁紹(★★★☆)

入手しやすさ・・★☆☆☆

汎用性・・・・・★★★★

四海以外・・・・★★★☆

☞騎兵に盾をつけてバフも盛れて優秀な武将です。主に群騎馬や継承呂布の部隊で採用されます。天命や槍部隊では採用しにくい欠点はありますが、継承や鬼神呂布を持っている人は四海で採用しないことはほぼないので☆4評価にしました。四海以外では天命編成や群槍に使えない点、従者としてもイマイチな点から☆3つです。

霊雎呂姫(★★★☆)

入手しやすさ・・★☆☆☆

汎用性・・・・・★★★☆

四海以外・・・・★★★☆

☞物理の弓馬で群雄では初の兵種。群雄というよりは女性部隊でのアタッカーとしての採用をよく見ます。アタッカーとしては単純に優秀で複数の敵に物攻に応じたダメージを10回与えるアクティブスキルを持ちます。会心系のスキルもあるので装備や戦魂は会心も考慮したものが良さそうです。

鬼謀于吉(★★★☆)

入手しやすさ・・★☆☆☆

汎用性・・・・・★★★☆

四海以外・・・・★★★☆

☞今月実装された新武将。物攻最高の敵に法術ダメージを与え、味方を回復する。味方に召喚兵がいない場合は召喚もする。法術アタッカーとしても召喚要員としても使えるのでいろいろな部隊で採用できそうな武将です。また、現在課金のみの入手なので入手難度はかなり高く、名称が同じの継承于吉が部隊で使えなくなるので☆3つにとどめましたが、今後次第で評価も変わりそうな武将です。

 

★★☆☆評価

疾風馬超(★★☆☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★☆☆☆

☞策攻最高の敵に突撃する武将。突撃中は法術ダメージを無効にできますが、逆に言えば突撃中しか無効にできないので突撃したはいいが、その後すぐにハチの巣にされるなんてこともあります。四海では攻撃力、耐久力ともに上がっているので多少は改善されていますが、群騎馬での採用がワンチャンスといった印象です。今後実装されるであろう疾風呂布が突撃系のようなので、より使い勝手が難しくなりそうな武将です。

疾風張遼(★★☆☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★☆☆☆

四海以外・・・・★★☆☆

☞群騎馬の核の武将。群騎馬自体は狂瀾祝融の登場や新たな群雄騎兵で今後も強化されそうなので編成としては良さそうです。しかし疾風張遼自身は群騎馬以外の採用が難しく汎用性は低い武将のため評価が難しい武将です。現在絵巻も非対応で、従者としてもやや呂布ピンポイント気味といったところ・・・ゲストに狂瀾祝融、九州商店で疾風張郃が手に入るので継承呂布or鬼神呂布、継承袁紹を持っているなら取ってもいいかもしれません。

継承顔良(★★☆☆)

入手しやすさ・・★★★☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★☆☆☆

☞高火力の範囲攻撃を持つが槍兵ゆえの難しさがある武将です。乗月董白で敵陣にシュート、切払いで超☆エキサイティング!ってやりたくて試したことがありますが、董白の方が物攻が高くなってしまいうまくいきませんでした。☆5になるに伴いパッシブ「神速」を失っているので騎兵を混ぜた編成でのプラスが少なく、普段呂布を使っている人には使いにくい武将です。

疾風馬岱(★★☆☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★☆☆☆

☞敵の物攻策攻のデバフと戦術ダメージ系のスキルを持ちますが、四海では敵のステータスが高く、馬岱のデバフだけでは止まらないことが多そうです。主な採用部隊の群騎馬でも馬岱を採用しない編成が多いので四海以外でも使う機会は少ないでしょう。

疾風張郃(★★☆☆)

入手しやすさ・・★★★☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★☆☆☆

☞群雄騎兵に護盾を付与できる、主に群騎馬で採用されていた武将ですが、継承袁紹の登場で立ち位置が微妙になりました。九州商店で入手できるので入手難度は低めではありますが、わざわざ高いポイントで武将印を取るのかというと微妙なところです。アクティブスキルが群雄騎兵対象という以外の制限が特にないので☆2にしましたが、現状☆1よりの☆2です。採用する場合は、盾有りの時に防御バフがアクティブにつく継承董卓と組ませると良いでしょう。

継承文醜(★★☆☆)

入手しやすさ・・★★★☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★★☆☆

☞範囲内の敵単体に超火力の一撃を入れる槍兵。固守孟獲や継承厳白虎といったバフ要員やCDの隙間を埋めるアタッカー、射程の短さを補える継承于吉と一緒に編成すると良いでしょう。

狂瀾馬岱(★★☆☆)

入手しやすさ・・★☆☆☆

汎用性・・・・・★★★☆

四海以外・・・・★★☆☆

☞疾風馬超と同じく後方に突撃するアタッカー。馬超に比べて消費士気が1少ない点が優秀です。突進すると味方の騎兵をバフできるので自身のスキル以外でも突進できる群騎馬や乗月董白入りの騎兵が多めの編成を組むと良さそうです。馬超と同じく単騎での突進が的になりやすい欠点はありますが、馬岱は味方のバフができる点で汎用性に優れています。

 上将潘鳳(★★☆☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★★☆☆

☞群雄統一か複数勢力混合かでスキルが変わる武将。群雄統一なら味方のダメージ分担と護盾によるタンク役を、混合編成なら分担対象の味方の物攻をバフします。袁術と違って兵種の指定はないのでいろいろな部隊に入れられそうです。女性部隊に潘鳳を入れたハーレムのような部隊があるとかないとか・・・

継承袁術(★★☆☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★☆☆☆

☞複数勢力編成を前提とする武将で余りものを組み合わせられると思っていましたが、勢力の指定のないスキルの武将で、かつ物理の槍と弓しか強化ができないので思ったより相性の良い武将は少ないです。継承夏侯淵や継承黄忠、龍雀孫尚香や疾風孫尚香のような物理弓がアタッカーとしてはおすすめ。槍方面では図南孫堅とも相性がいいので鬼謀蔡文姫と一緒に採用しても良さそうです。袁術は高級弓兵ですが自身の策攻をダメージにできるスキルがあるので策攻が上がる蔡文姫の「帰魂」ともかみ合います。

継承賈詡(★★☆☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★☆☆☆

四海以外・・・・★★☆☆

☞デバフを撒き、デバフ状態の武将に法術ダメージを与えられますが、ダメージを与える目的なら法術アタッカーに枠を割いた方が良いです。デバフ状態とシナジーがある継承張繍と組ませるコンセプトだと思いますが、継承張繍自体が微妙なので合わせて評価が下がりました。四海以外では天命絵巻に必要&呂布貂蝉の知力従者になれるので意外と優秀です。このためだけに取るものといっても過言ではありません。

固守孟獲(★★☆☆)

入手しやすさ・・★☆☆☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★★☆☆

☞槍兵と弓兵を同時に強化できる武将。それぞれ2体ずつバフできるので、槍3弓2か槍2弓3の編成が望ましいです。アタッカーは物理なら継承顔良文醜、法術なら鬼謀張角や鬼謀于吉との相性が良さそうです。槍と弓の強化という点で継承厳白虎に役割が近いですが、分担スキルとスキルのCD短縮スキルで差別化できます。しかし、対応した絵巻が仙人系でアタッカーとの同時強化ができない点や継承厳白虎に比べて従者として使いにくい点から☆2評価になりました。(継承張角がアタッカー枠なら一応同時強化可能・・)

 

★☆☆☆評価

継承張繍(★☆☆☆)

入手しやすさ・・★★★☆

汎用性・・・・・★☆☆☆

四海以外・・・・★☆☆☆

☞はっきり言って微妙です・・・火力は継承文醜に劣り、アクティブスキルスキルの範囲は継承呂布と同じ。弱体特攻や物防奪取などのオリジナリティーはあるけれど使い勝手がイマイチというのが率直な感想です。蜀槍と違って突撃させることもできないため、槍兵を並べることにメリットがあまり感じられず、継承文醜や継承顔良に枠を取られてしまっているような状態です。従者の適性も少なく、対応した絵巻が必要なければとる必要はない武将です。

継承張角(★☆☆☆)

入手しやすさ・・★★☆☆

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★☆☆☆

☞アクティブスキルの火力は高いのですがいかんせんCDが長すぎて使いにくい武将です。その他は単純な法術アタッカーなのでCDの隙間をうまく埋められる部隊には採用する余地はあります。が、法術アタッカーとして張角を今から取るなら鬼謀張角の方が絶対に良いです。CDがそれなりに長いサブアタッカーとアタッカー両方を強化できるバフ役…継承文醜と固守孟獲(継承厳白虎)あたりと組ませるのがベストでしょうか・・・

継承蔡文姫(★☆☆☆)

入手しやすさ・・★★★★

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★☆☆☆

☞単純な回復役。☆4に比べると時間経過での回復量の減少が無くなったので安定した運用ができますが、回復役なら華佗や何皇后のほうがバフを盛れるだけ優秀です。知力従者として採用する以外は必要ではないでしょう。とはいえ酒場で印が入手できるので入手はとても楽です。

継承左慈(★☆☆☆)

入手しやすさ・・★☆☆☆

汎用性・・・・・★☆☆☆

四海以外・・・・★☆☆☆

☞一定時間ごとに召喚兵を出す武将。詠唱タイプかつ自身はダメージに直結するスキルを持っておらず、召喚兵の強さもイマイチなので他の武将との組み合わせは必須です。複数の召喚兵を出せる点から鬼謀蔡文姫や継承于吉との相性が良く、群召喚で採用されていましたが図南孫堅の登場で一歩引いた位置になってしまいました。ただそれでも群召喚のギミックはとても優秀なので、もし採用するとしたらやはり鬼謀蔡文姫&継承于吉とセットでの採用がおすすめです。

疾風呂姫(★☆☆☆)

入手しやすさ・・★★★★

汎用性・・・・・★★☆☆

四海以外・・・・★☆☆☆

☞アクティブスキルの摑み取りは敵の詠唱を中断させられるので地味に優秀なのですが、消費士気4とアタッカーとしては重く、士気をサポートに回せない分威力も少々物足りないところがあります。酒場で印が入手でき、呂布の武力従者になれるので呂布を使っている人は1体は持っておくと良いでしょう。ただ、絵巻に対応もしておらず四海のためだけにわざわざ取るものではないでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか(;'∀')ちなみに群雄でも使える他勢力は以下の通りです。

継承張遼・・・継承呂布や鬼神呂布の部隊のバッファー。

図南孫堅・・・群召喚の型の一つ。継承袁術とも相性がいい。

継承大喬・・・継承呂布などの物理アタッカーがいる部隊で使える。

継承小喬・・・法術アタッカーや鬼謀蔡文姫の補助。

鬼謀華佗・・・様々な部隊の回復要員。ゲスト武将。

☆4武将は基本的に継承☆5の劣化なので複数部隊に採用したい場合の選択肢です。四海の部隊作成の参考になれば幸いです(*^^)v

他の勢力はどうしようか考え中です・・・やるとしてもほぼカタログスペックでの考察&感想になりそうです(^^;

【サンレツ】三国烈覇 攻略:11月&12月新要素

前回更新からの1ヶ月でいろいろと追加されました。今回はそれらについて簡単にまとめようと思います。

 

スキン商店

いままでイベントなどの限定だったスキンがスキン商店でチケットで入手できるようになりました。周回イベントのボーナススキンも買えるのでボーナス武将が足りていない人は買っておきましょう。・・・最近、イベントで復刻スキンが多いな~と思っていたのですが、これの伏線でしたね(^^;

f:id:canon02:20201206140826j:plain

これまでの限定スキンがチケットで購入可能!価値の崩壊とみるか大盤振る舞いとみるか・・・

月別競技場報酬

11月から競技場の報酬に「競技コイン」が追加され、一定数で「☆5武将」や「魂印」と交換できるようになりました。競技コインは段位が上がると入手できる量が増えます。名人になると毎日25個入手できるようになるのでなるだけ早めに昇段しましょう。毎日☆3の相手を10回倒すと、最速22日で武将と交換できる500個たまります。

名人になれば消化回数に関係なく毎日25個入手できるので、後半は1日数回の消化でさぼっても大丈夫です(^▽^)

f:id:canon02:20201206142017j:plain

12月はこれ!今後も課金武将や九州商店産の武将が選ばれるのかも?

周回イベント

周回イベントの順位報酬が変わりました。今まではスキンだったのですが、スキン商店で販売されるようになったからか、10位以内なら軍武、30位以内なら金鍵が入手できるようになりました。特に軍武はまだイベントでの入手機会は少ないので無課金、微課金の人には嬉しいところ・・・ですが10位以内はやっぱり厳しいですかね?

f:id:canon02:20201206152505j:plain

妖術兵などの黄巾の乱で入手できない軍武も入手可能。三軍に採用している人は要チェック!

万事屋&祈りコイン

今まで課金武将や魂使用の将魂がメインだったのが武将印や覚醒欠片が入手できるようになりました。入手数は少ないのに必要数は多いのでしょっちゅう交換はできませんがルーレットなどで入手できるので普段から貯めておくといいでしょう。ただルーレット1回で交換できないのは・・・最後まで回すのも安くはないので注意しましょう。

f:id:canon02:20201206154834j:plain

下の方では素材同士の交換もできるので余らせている素材を活用しましょう!

渤劫四海

名前あってるかな?いつも四海四海と言っていたもので(;'∀')

九州と同じ枠での開催で全サーバーの相手とでマッチングします。四海では手持ちの武将がレベルMAX、魂使MAX、従者最大値になります。育成が反映されるのは戦魂、輝星値、絵巻、装備、軍工房だけなので差が生まれにくいです。シーズン1をやってみた感じ、武将の質を高めるよりは種類を増やして5部隊しっかり編成できる量を確保したほうが勝ちやすいように思いました。

対戦はお互いにメイン1つとサブ4つの5部隊編成した後、相手の部隊を2つ拒否し、残った3部隊同士で戦います。同じ武将は複数所持していても使えませんが九州と同じくゲスト武将が使えます。ゲスト武将が固定なのか毎回違うのかはまだわかりませんが四海用に武将印を取る場合はゲスト武将と被らないように取るようにすると良さそうです。

f:id:canon02:20201206170618j:plain

開催期間は九州と同じく予選1週間、本選1週間。普段使わない編成を使う必要があるのが楽しいです。

逆勢の争

アップデートで金装備に宝石を装備できるようになりました。逆勢ではその宝石を入手できます。宝石には物攻、策攻、兵力の3つがあり、装備1つに4つの宝石を装備できます。また、宝石を分解することで得られるポイントで宝石は強化できます。逆勢は最新のステージをクリアすると次のステージに挑めるようになり、クリアしないと手伝いに参加もできないのでまずはギルドメンバーと協力してすべてクリアしてしますのがおすすめです。

f:id:canon02:20201206171951j:plain

敵戦力はかなり高いので3人集まっていきましょう。

 

最近はあまり時間が取れず、結構ため込んでしまいました(-_-;)サブ垢のほうにもあまり時間が割けておらず、戦力8万台で足踏みしています。次回はサブ垢日記か四海のおすすめ武将あたりで書こうかな~と思っています(^▽^)/

【サンレツ】三国烈覇 攻略:群雄天命部隊

お久しぶりです(^^; 

最近サーバー統合がありまして、17鯖「まったり進軍」会長改め15鯖『和』会長になりました歌音です。今後ともよろしくお願いします(^^)/

ギルド名変更券を使う日が来るとは思っていませんでしたw

 

今回は長らく引っ張ってきた群天命の紹介をしようと思います。

 

群天命

f:id:canon02:20201108150156j:plain

固守董卓入りの基本編成。他にも相性の良い武将がいる環境や好みで組み替えましょう

それでは個々の解説をしていきます。

天命呂布

f:id:canon02:20201108150923j:plain

AS「SR不滅神煞」消費士気3。自身に護盾付与し物防+20%、3秒ごとに+6%。5回までスタック可能。護盾が消えた8秒継続。天命相方と距離が最も遠い場合、護盾を呪術盾に変更し周囲の敵の策防と回復量-20%。自身に天命相方の策防20%を付与。自分以外の群雄味方7体の物防+25%。物攻か策攻の高いほうを+30%。25秒持続。自分と天命相方の最も遠い敵が同じの場合、その敵に一斉射撃し怨恨印を与える(回復量-10%、3回までスタック可能)。

PS「突進」策攻が物攻より高い全ての味方が受けるダメージを30%分担する。味方がスキル発動時、自分の物防と策防+25%。10秒持続。自分の周囲の敵を撃退し、最も近い弓兵の方向へ移動。弓兵がいない場合は最も遠い敵の方へ移動。移動中は気絶と撃退免疫。目標となる武将が近くにいた場合目標に18倍のダメージを与える(串刺)。串刺が発動しない場合、発動するまでそのダメージを累積する。

PS「梟騎」自身兵力の10%で物防と策謀を強化する。HPが10%減るごとに強化効果+3%。HPが回復しても強化はリセットされない。15回までスタック可能。6秒ごとに自身の物攻+7%、攻撃中の敵の物防&策防-5%、5回までスタック可能。10秒持続。

PS「宿命」自身の物防か策防の高いほうの16%で味方8体を強化。自分以外に宿命スキルを持つ味方がいる場合自身の通攻ダメージ+30%、スキルダメージ+30%。他の宿命武将が死亡した時、HP最低の敵に24倍の防御無視ダメージを与える。

☞この部隊では継承華佗による回復、固守董卓による分担があるためPS「梟騎」の防御アップがより活きます。その他は群召喚と同じく味方全体のバフ、法術部隊のダメージ分担が役割になります。それぞれのスキルの解説は「群召喚」の記事をご覧ください。

 

天命貂蝉

f:id:canon02:20201108151901j:plain

AS「SR美人心計」消費士気3。自身の基礎策攻45%で自分以外の策攻最高の群雄武将2体を強化し、最も遠い敵に一斉射撃。目標の策攻と回復量-40%、周囲の敵2体に20%の拡散ダメージを与え、半分の弱体効果を付加。20秒持続。天命相方との距離が最も遠い場合、天命相方が目標に少量の防御無視ダメージを与える。目標に怨恨印を付加した場合、1回スタックし効果時間をリセットさせ、周囲の敵1体に感染させる。

PS「閉月」自身射程内の敵の移動速度-10%。自身に近づくほど効果が強い(最大-35%)。自身が攻撃中の部隊の移動速度はさらに-20%。戦闘開始時、自身の射程-18%。5秒ごとに8%回復し、最大80%まで回復。

PS「気絶」通常攻撃で相手を一定確率で2秒気絶させる。

PS「宿命」戦闘開始時、自身の物防か策防の高い方の16%で味方武将8体を強化する。自分以外に「宿命」スキルを持つ武将がいる場合通攻ダメージ+30%、スキルダメージ+30%。他の「宿命」武将が戦死した時、HP最低の敵武将に物攻か策攻の高い方で24倍の防御無視ダメージを与える。

部隊のメイン火力。群召喚より火力要因としての依存度が高くなりやすいので落とされないように装備や配置を工夫しましょう。貂蝉のスキルの解説も「群召喚」記事参照。

 

継承于吉

f:id:canon02:20201108153037j:plain

AS「SR百蟲焼魂」消費士気2。召喚物4体を爆発させHP最低の敵に法術ダメージを与える。戦場に召喚物がない場合、策攻最高の味方2体の策攻+20%。3回スタック可能。20秒持続。最も遠い敵2体を1秒沈黙させる。さらに10秒間毒状態となり回復効果-35%&法術ダメージ。HPが低いほどダメージが高い。

PS「巫蟲」開始6秒後、敵の弓兵1体を召喚し、物攻最高の敵を目標にする。召喚物は目標のHPの100%と基礎パラメータの25%を継承。目標に召喚物の35%のダメージを一方的に分担させる。召喚物が戦死すると目標に2回の18倍法術ダメージを与える。味方の群雄部隊が多いほど分担ダメージが高い、最高50%。

PS「巫毒」1回目の貫通は必ず有効で2回目の法術貫通を有効にする。遠距離射撃状態の時、一定確率で現在の目標に毒矢を放ち、12倍の法術ダメージを与える。また、確率で目標を中毒状態にする。

PS「神算」自身の法術ダメージ+20%。

この部隊での于吉は「巫蟲」での暗殺と貂蝉のASの火力要因が主な役割です。貂蝉は後衛を狙う武将ですし、呂布も敵弓兵が残っているとそちらに移動してアタッカーに「串刺」が発動しないので、継承呂布、疾風趙雲などの前衛物理アタッカーは于吉が処理します。また、召喚物のない状態でASを使うと味方の策攻がバフできます。あまり使うことはないと思いますが、頭の片隅に入れておきましょう。

 

固守董卓

f:id:canon02:20201108155402j:plain

AS「SR権傾朝野」消費士気3。董卓の基礎物攻、基礎物防、基礎策防の30%を物攻最高の味方に付加。目標が群雄の場合さらに+40%。群雄の味方弓兵の策攻+40%。5秒ごとに董卓の物防+8%、全ての強化効果が25秒持続。

PS「肉林」戦闘開始時董卓と物攻最高の味方のHP上限+12%。目標が群雄の場合さらに+20%。6秒ごとに効果が-4%。

PS「反弓」弓兵からのダメージ-24%。

PS「援護」戦闘開始時、物攻最高の味方を援護し10%のダメージを分担する。目標の武力が知力より高い場合さらに+15%。ダメージ分担の上限は50%で別の援護とスタックできない。

☞ASは群雄味方を董卓の70%バフとかなり高倍率。弓兵の策攻も上げてくれるので天命呂布と天命貂蝉の両方を強化できるため強力です。この防御アップに加えてPSでHP強化、ダメージの分担ができるので天命呂布の耐久はかなり強化されます。これらで強化された呂布が前線を維持しているうちに貂蝉の法術で敵を仕留めるのがこの部隊での戦い方です。

 

継承華佗

f:id:canon02:20201108162514j:plain

AS「SR霊柩九鍼」消費士気2。詠唱‐6秒ごとに物攻最高の味方を強化する。HPが70%以下ならHP回復、以上なら華佗の基礎策攻45%に応じて物攻を強化する。6秒継続。回復量は華佗の策攻力に応じてアップ。

PS「青嚢」味方5体が受ける治療効果+24%。

PS「群将」味方群雄部隊8体の通攻ダメージ+15%。

PS「洞察」味方部隊8体が受ける法術ダメージ-15%。

☞とてもシンプルなスキル構成です。受けるダメージを減らして回復量を上げてくれます。この部隊での役割は呂布の回復と貂蝉のASのバフ先です。呂布のPS「梟騎」の防御バフは回復しても効果が持続するのでハマれば要塞になるでしょう。

 

入れ替え候補の武将

今回紹介した編成以外にも天命呂布貂蝉と相性のいい武将はいますのでそちらも簡単に紹介します。

①霊思何皇后

華佗と同様呂布の回復役ですが、回復量は華佗に劣ります。しかし、華佗とは違って回復と強化を同時に行える点、固守董卓も一緒に回復&強化ができる点が優秀です。華佗と入れ替えてしまうと回復が足りなくなる危険があるので採用する場合は于吉と入れ替えになると思います。

②鬼謀張角

☞11月の新武将で消費士気2の法術アタッカー。三軍の策攻に応じて自身の策攻を強化できます。この編成では天命呂布と固守董卓といった固い前衛がいるので妖術兵を三軍に無理なく採用できます。また、妖術兵を三軍にすることで貂蝉のバフ先が増えるので、貂蝉だけが生き残ってASが弱くなる事故を軽減できます。こちらも入れ替えるなら于吉でしょうか・・

 

いかがでしたでしょうか?今回はここまでです。次回は群雄のガチャ事情やサブ垢日記について書きたいと思います。

 

 

【サンレツ】三国烈覇 攻略:定期イベント『泥棒イベント』

今回は、本日10月14日より開催された『泥棒イベント』について書こうと思います。このイベントはソシャゲでよくある一度きりの限定イベントではなく、何週間かに一度開催される定期的なイベントです。他にも『周回イベント』『双六イベント』『サンスロ』『○○ルーレット』『軍令状』などのイベントが毎月一度は開催されています。これらもさらっとですが紹介していきます。

正直、イベント?と首をかしげるものも中にはありますが、、、まぁミッションをこなして報酬を受け取っているので私の中ではそうカウントしています。最近は『BOXガチャ』『限定城塞』が追加され完全な虚無期間がかなり減ったように思います。何かが開催されているということは強化素材や武将印の入手機会が増えるということなのでイベントの追加はとても嬉しいです。

それと、今回から最後にサブ垢日記を載せます。開始から2週間、空前絶後のお詫びのおかげで急成長しました(^^; こうなると参考になるのか?とも思いましたがお詫びを縛るのは違う気がしたので有りにしました。

 

泥棒イベント

世界地図に「泥棒」や「ヤンキー」などの残敵が出現し、討伐すると専用のアイテムと素材が入った箱を落とします。専用のアイテムは使用するとA、B、C、Dの4つのアイテムがランダムに入手でき、交換商店で素材などと交換できます。また、専用アイテムは精鋭ステージでも入手できます。泥棒にはLv1~Lv4のレベルが設定されており、掃討もできますが普段の残敵とは判定が異なります。掃討をするためには対応したLvの通常の残敵が相当可能である必要があります。

Lv1泥棒=Lv1残敵Lv2泥棒=Lv4残敵Lv3泥棒=Lv7残敵Lv4泥棒=Lv10残敵

f:id:canon02:20201014143331j:plain

Lv4泥棒の消費食料は1回1600!増産などを駆使して普段から貯めておきましょう!

落とすアイテムの数は固定でLvが1上がると数、消費食料共に倍になります。そのためどれを倒してもコスパは変わりませんが、残敵2倍ボーナスの恩恵を受けられるので2倍の日はLv4を5回しっかり倒すのがおすすめです。

交換報酬も結構豪華で、武将印や資質13武将、ガチャコインや強化素材が交換できます。全部交換は普通にやる分では無理なので自分なりの優先順位をつけて交換していきましょう。

f:id:canon02:20201014145005j:plain

武将印も入手可能!初心者でも簡単に手に入るので今一番の優良イベント(^▽^)

その他のイベントについても簡単に紹介していきます。(軍令状は他記事で紹介したので省略します。)

 

周回イベント

名前の通りステージ周回をしてアイテムを集め、交換商店で武将印や強化素材と交換できるイベントです。また、ステージクリアでポイントが獲得でき、個人ポイント達成報酬やポイントの順位での報酬もあります。Lv35から参加できますが、ステージ難易度が1~4とあり難易度2はLv45で、難易度4はLv65で解放と周回するために必要なLvが設定されています。当然難易度が高い方が貰えるポイントが多いので本格的に参戦するのはLv65以降になるでしょう。

※一部武将や武将スキンは編成しているとポイントのボーナスが付きます。できる限り編成に組み込んで周回しましょう。また、ギルド軍工房の「イベントポイントアップ」に対応しているので期間中は解放しておくのが効率的です。

このイベントはあまり初心者にはおすすめできません。単純にLv制限があるのもありますが、目玉の武将印が元宝での体力購入だけでは入手困難というのが大きな理由です。必要数とドロップ率がアンバランスで無課金だとまず無理です(´;ω;`)

Lv65に到達したら個人ポイント25万を目標に周回、武将印を狙うなら多少の課金を覚悟しましょう。

 

双六イベント

デイリーや精鋭ステージ、サイコロ商人でサイコロ交換券を入手し、双六を行います。各マスや周回ボーナスで素材や七星石、武将印(欠片)交換券が入手できます。

このイベントは初心者におすすめ!1周すると「虎符」という☆4確定のガチャチケットが貰えるので武将集めや血玉稼ぎに役立ちます。

 

サンスロ&○○ルーレット

イベント(?)の部類の2つです。サンスロは名前の通りスロットです。期間中1日2回無料で回せます。表示された素材が入手でき、同じ素材が複数揃うと揃った素材の入手量が倍になります。3つ揃うと5倍&追加報酬とロマンがあります。300元宝から回すことができ、一回の掛け金を最大10倍の3000まで選択できます。掛け金の倍率が上がると素材の量も比例して増えます。また、1回ごとに歯車というアイテムを入手でき、こちらは商店で素材と交換できます。歯車も倍率や揃いで増えていきます。それなりに美味しいイベントですが、のめり込み過ぎないように注意しましょうw

○○ルーレットもそのままルーレットです。○○の部分に目玉商品の名前が入ります。過去には金装備、武将印、覚醒欠片、将魂などのルーレットがありました。元宝を使ってルーレットを回し、止まった場所のアイテムが入手できます。目玉商品を取りきろうとすると12000~15000ほど元宝が必要になるので初心者には厳しいかもしれませんが、確定で武将印や覚醒欠片が手に入るのでいつ来てもいいようにあらかじめ貯めておくのをおすすめします。

 

限定城塞

最近始まったイベントで、期間中14時~18時の間に世界地図各地に限定城塞が出現します。いわゆるレイドボスでギルドメンバーと協力して城塞を落としましょう。ただ一つ注意点があり、撃破報酬はギルドメンバー全員が受け取れますが撃破したプレイヤーの所属ギルドに配られるので横取りには注意しましょう。撃破報酬の中身はランダムですが、虎嘯龍吟選択パック(金装備)や七星石と豪華なものもあるので・・・

f:id:canon02:20201014164220j:plain

食料消費も大きいので複数人で挑みましょう。

 

BOXガチャ

「龍尋」というアイテムを使いガチャを引き、目玉商品の金装備パックを引くとBOXをリセットできます。5回目、10回目と5の倍数では「昔の記憶」というアイテムを入手できます。「昔の記憶」は最新の武将印と交換できますが、そこまでBOXを開けるのに結構課金が必要なのでお得感は薄いです。素材が大量に手に入るほか装備も手に入るので損ではないと思いますが・・・

また、期間中には『団体購入』という課金方法があります。これは全ユーザーの課金回数に応じて追加報酬を貰えるというものです。かなりお得になっているのでおすすめです。

f:id:canon02:20201014165630j:plain

砂は交換商店で様々なものと交換できます。持ち越しもできるので安心!

 

~サブ垢日記~

開始から2週間経過しました。Lvは58、前回の泥棒イベントやルーレットで武将印を集め☆5武将も何体かできました。

f:id:canon02:20201014171408j:plain

現在「継承厳白虎」も転生中(⌒∇⌒)2~3日以内には完成予定

f:id:canon02:20201014171628j:plain

部隊はこんな感じ。顔良文醜が一撃で敵を葬るイメージ通りの動きができてきた。

目下の目標は血玉集めと従者の充実化です。メイン武将はオール天にしたいですし、連携無しの従者を連携にするだけでも戦力は結構伸びると思います。

編成の最終目標は……まだちょっと悩んでいます。お詫びのおかげで継承呂布が手に入ったので呂布特化も良いのですが顔良文醜の就職先がなくなるんですよね…

継承呂布を使いながら顔良文醜を従者にできるのは・・・『群騎馬』かな?継承袁紹や疾風張郃を使えば何とかなりますね!逆に顔良文醜は転生すると呂布が連携武将になるので大丈夫!群槍メインでサブプランで群騎馬。この2つを目標に据えて今後は育成していきます(^▽^)/

 

▼ギルドメンバーの螢さんのサンレツチャンネルはコチラ♪

www.youtube.com

【サンレツ】三国烈覇 閑話:サブ垢日記5日目~7日目

~5日目~

張繍ゲット!部隊への採用は・・・今は見送ります。張繍の連携従者で用意できるのは郭汜しかいない(文醜貂蝉は他で使用中)、変更するなら呂布とだが槍兵2体の前衛はストーリーの弓兵に体力を削られすぎてしまう、外した呂布の従者としての就職先がない、というのが理由です。

f:id:canon02:20200929135711j:plain

文醜と同じく火力が高いので強化素材や従者が充実してきたら育成します!

メインストーリーは10章をクリア!初心者特典のミッションにはこの10章まで、クリアでの報酬があるので期間内の10章クリアを目指しましょう。

f:id:canon02:20200929141923j:plain

9章の呂布戦以降は特に苦戦もせずに来れました。

 

~6日目~
 今日は精鋭ステージ10章クリア!こちらも初心者特典の報酬対象が10章までなので、期間内のクリアを目指しましょう。初心者特典の期間は10日です。

f:id:canon02:20200929143300j:plain

メインより敵は強いですが、ギミックは同じなので戦力を上げればまだ苦戦はしません。

部隊は特に変わらず・・あらかた初心者特典のミッションもこなしたのであとは現在開催中のイベントや週間イベントをやりながら部隊を強化していきます。

 

~7日目~ 

ようやく呂布ゲット!!串刺はまだできませんが魂使で強化します。現在の部隊はこんな感じです。

f:id:canon02:20200929184847j:plain

序盤はストーリー攻略のこともあり手持ちで使える武将を優先的に使ってきた、という方も多いと思いますが、この辺からは最終的な目標を定めたりそこまでではなくとも方向性を決めいく必要があります。私の場合は群槍を目指しながら、呂布が早期に重なった場合に呂布パへ移行できるように今後は武将を育てていくつもりです。また、一度決めたら武将の入れ替えの多い大きな路線変更はしない方が無難です。勢力替えなどはかなり労力がかかりますからね。

最後にこのサブ垢で遊んでいた時にギルメンから「戦力の伸びがおかしい」と課金を疑われた私からひとつ、、現在そして今後も使わないであろう武将はレアリティ&資質を問わずに分解して素材にしてしまいましょう。特に血玉は戦力10万とかでも不足します。将魂も祈願で欲しい武将のと交換できますしね(鮫トレードはダメ絶対w)。不要かどうかの判断がつかない場合はギルメンに相談すれば一緒に考えてくれますよ。このゲーム、攻略サイトもないので最も良い攻略本は身近の強者です。バンバン頼りましょう!

 

今回は完全に初心者向けで日記のように書きましたがいかがだったでしょうか?今後もサブ垢日記は書いていきますが一回一回記事にすると他が止まってしまうので、他記事の最後にちょろっと書いていくスタイルにしようかな~と思っています。

▼ギルドメンバーの螢さんのサンレツ動画はコチラ♪

www.youtube.com